スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

新語・流行語で振り返る2013年 その2

2013年は政治の年でもありました。
といっても政治は常に動いているわけですが。。。(笑)

昨年末に自民党 安倍内閣が誕生してこれまでの流れが変わったように感じます。
安倍政権の良し悪しはここでは置いておきますが、
世間一般の期待感は強かったように感じています。

この1年で定着したのが【アベノミクス】という言葉ですね。
・大胆な金融政策 ・機動的な財政政策 ・民間投資を喚起する成長戦略
の【三本の矢】を柱とした安倍内閣の経済政策です。

衆院選で安倍政権が誕生すると、期待感から円安へどーんと動いて、
民主党時代に80円を切っていた価格も現在は100円前後まで回復しました。
税収も増えていますのでこの調子でデフレ脱却してほしいものです。

この【アべノミクス】に対して否定的な意見も当然世論にはあります。
その代表格が、紫に髪を染めたおばさま(笑)の【アホノミクス】です。
正直なところ、表現が抽象的すぎて実態をデータであまり実証していない気がするのですが、、、
私の知らないところで流行ったのか正直どうして候補に挙がったのか分かりません。

経済政策に続いて日本版【NSC 】(国家安全保障会議)も大きな話題となっています。
特に【特定秘密】については今メディアを騒がせています。
国家の安全を守るためには情報をなんでもかんでもたれ流してては意味ないし、
国益を損なう情報は守る必要があるのです。

正直なところ自分がどの程度不利益を被るのか全然わからんのですが、
管理してる機関・人の倫理に任せる現状は不安であります。
だからと言って特定秘密を決める側も同じように倫理感が無ければ困りますけどね。
ある程度の基準は必要かなと思う今日この頃です。

次に話題に上ってるのが、【集団的自衛権】の解釈を改める動きです。
これに関しては、日本が普通の国になる手順を踏んでいるだけですが、
周辺の5%のアジアがうるさく懸念を表明しまくっていますね。

ただ、中国の軍拡のスピードを見ていると脅威を感じずには居られません。
自分たちの国を自分たちで守る意思があるからこそ、
米軍も同盟国として一緒に戦ってくれるのであって任せっきりはいけません。

よく「よくそんなに戦争がしたいのか!」とか「平和憲法の元に軍事力はいらない」
という方々がいらっしゃいますが理想を通り越してファンタジーですね。
でもね、たぶん日本の平和について現実的に日々考えてるのは自衛隊の人たちですよ。
そして一番戦争なんかしたくないのも自衛隊の人たちです。

安倍政権が発足してから約1年たちました。
【ナチスの手口に学んだら】とか言う誤解を招きやすい警戒感の無いアホな閣僚もいますが、
全体としては外交も含めてここ数年で一番安定感のある政権のように感じます。
民主党政権がいかに酷かったか(3.11があったにせよ)も良く分かった1年でもありましたね。

政策の一つ一つを揚げ足取りすればまぁ意見の違うところもありますが、
それは100%考えが一致する政治家なんて居ませんので、
違うところは違うと声を上げることが大切だと思います。

参議院選挙の時にも話題になりましたが【ネット選挙】解禁は大きな転機です。
誰もが、自分の考えを発信できそれが影響を与えるだけの力を持った象徴的な出来事は、
参院選での「赤池まさあき」さんの当選でしょう。

比例区で208,319票という得票数での当選でしたが、実はギリギリまで落選も囁かれていました。
しかし、最後の最後で支持者による情報の拡散により見事、党内8位で当選したのです。
じつはこの20万票のうち地元票は1割程度、自民党の第8位に居るということは、
それだけ全国の人が「赤池まさあき」と投票用紙に書いた結果です。

これは今までの選挙予想を大きく変える出来事だとおもいました。
そして、どうせ私たちの声なんて届かないと思っていた人たちの意識を変える
きっかけとなっていればよいなと思います。(まだまだだと思いますが・・・)

つづく



スポンサーサイト
テーマ : 旬のニュース
ジャンル : ニュース

Tag:社会  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぽん茶

Author:ぽん茶

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。